避妊薬マーベロン21とフラコラの併用は避ける?

マーベロン21は、低用量ピルの種類の一つで、生理期間を除いた21日間毎日服用し続けることで避妊効果を得るものです。

避妊効果以外には、重い生理痛やPMS、子宮内膜症の症状の緩和や、更年期障害の症状の軽減などの効果も期待できます。

その他、子宮体がんや卵巣がん、最近までは発生リスクを高めるとされていた乳がんの予防にも効果的であるといわれているため、避妊目的ではなく病気の予防や女性特有の体の不調の改善のために服用する人も増えてきています。

マーベロン21は、21錠入りのシートを利用して避妊する方法です。

まずは21日間シートの錠剤を服用し終わったら、生理期間の7日間は薬を飲むのを休んでまた次のシートを21日間飲むということを繰り返していきます。

初心者には、飲み忘れを防ぐために薬の成分が入っていない7日間分の錠剤を足した28錠入りのシートの方が適しているでしょう。

避妊以外にも様々な効果が期待できるマーベロン21ですが、ほかの薬との併用をしても問題がないのかが気になるところです。

飲む化粧品として話題になっているフラコラは、美肌作りに良いとされるコラーゲンやビタミンC,シルクアミノ酸などが多く含まれていて、血中のコレステロールや中性脂肪を値を下げたり血圧を下げる効果も期待できます。

また、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされている大豆イソフラボンも含まれています。

マーベロン21を始めとするピルにもエストロゲンが含まれているので、あまりに過剰に体内のエストロゲンの量が増えるとホルモンバランスが崩れる可能性もありますが、飲もうと思っているフラコラにあまり含まれていないのであれば問題はないでしょう。

ただ、何か副作用が出てからでは遅いので、もし併用する場合にはあらかじめマーベロン21を処方してもらった婦人科で相談するのが望ましいでしょう。