避妊薬は堕胎をすることもなくバストアップの副作用も

避妊薬を使うメリットとしては望まぬ妊娠をして、堕胎をするという選択をしなくて済むという点にあります。
避妊の効果に関していえば、非常に高い確率で妊娠を防いでくれるものとなっているため、とにかく妊娠だけは避けたいという場合に選択の候補としてあげられます。

避妊薬は人体に影響があるものですから、極力避けたいと考える人もいることでしょうが、副作用が必ずしも悪いものばかりともかぎりません。
避妊薬は女性ホルモンが主成分となっていることから、バストアップの副次的な効果もあり妊娠を避けることができるだけでなく胸を大きくすることができる可能性があるという利点があります。
もちろん、これは元々考えられて起きる作用ではありませんから、バストアップを目的として服用をすることは危険極まりありませんが、妊娠を防ぐことができるついでにバストアップをするかもしれないというのは利点といっていいものとなります。

避妊薬は安全性が証明されているものですから、正しく服用をすればほぼ確実に妊娠を防ぐことができ人体に対する影響も少ないものとなっています。
そのため、性行為をする機会が多いけれども妊娠は避けたいという場合には、使用をする価値が高いものとなっているので使い方や安全性などを理解した上で使用をしてみるのも良いでしょう。
そして、その副次的な効果としてバストアップも期待をすることができるとなれば、避妊薬はリスクが高いというだけのものではなくメリットもあるものとなっているので、よく考えた上で使ってみるのは悪いものではありません。
ただし、服用をして体調が悪くなったといったことがあるのであれば、服用を中止して医師の指示を仰ぐようにしましょう。