避妊方法の種類と効果まとめ

避妊には様々な方法があるので、それぞれの特徴と効果を理解した上で使うようにしましょう。

まず、もっともポピュラーな方法としてコンドームを着用するというものがありますが、この方法は正しく用いれば妊娠を防ぐ効果が高くそれに加えて性感染症の予防にもつながるので、安全性の高い性行為をするのに非常に効果的なものとなっています。
そのため、コンドームを使用しながらほかの方法も用いれば性行為におけるリスクを低下させることができます。

膣外射精というのも簡便な避妊法として人気がありますが、この方法は妊娠のリスクが高く性感染症を防ぐこともできないため、単独で使用をする避妊法としては効果の低いものとなっています。
理屈としては膣内に精液が入らなければ、妊娠をしませんが射精のコントロールをするというのは難しく、気づかないうちに膣内に漏れてしまって妊娠をしてしまうということもあるのでリスクが高い方法となっています。

生理周期から妊娠をしづらい時期というものを換算して、妊娠をしない日に性行為をするという避妊法があります。
これも道具などが必要なく、性行為の妨げにならないので人気のある方法の一つとなっていますがこの方法も妊娠を避けるという意味では不確実性が高いので絶対に妊娠を避けたいという場合には単独使用をしないようにしましょう。
ただし、このような不確実な方法であっても妊娠してもさほど困らないという、結婚しているカップルが手間をかけずに避妊をしたいというときに用いるのであれば適した方法であり、膣外射精などの方法と組み合わせることで妊娠する可能性を下げることができます。
また、コンドームの着用をして更に他の方法と組み合わせることでも、妊娠の可能性を減らすことができるので効果が低い方法であってもほかのものと組み合わせることで避妊効果を高めることができます。

★避妊に失敗した!と思ってもまだ間に合います
モーニングアフターピル